カレンダーを設置する方法

2010/11/13 5:44 に 田口相 が投稿   [ 2011/07/06 19:47 に更新しました ]
 
お店や教室系ホームページに必要な営業カレンダー
メニュー項目の「表」でカレンダーを作る方法もアリですが、Googleカレンダーを利用してみましょう。
 
 

【設置方法】
 
■まずは、Googleカレンダー側の操作をします。
 
Googleカレンダーを開いて、自分のアカウントパスワードでログインする。
※既に、Googleサイトを開いている場合は、「カレンダー」をクリックするだけでO.K.。
 
 
 
Googleカレンダーへようこそのページが開いたら、内容が正しいことを確認して、「次へ進む」をクリックする。
 
 
 
③「」をクリックし、月表示にすると、見やすくなります。
 
 
 
任意の日付枠をクリック。→「タイトル」を入力。→「予定の詳細を編集」をクリックする。
 
 
 
予定の詳細をすべて入力したら、「保存」クリックする。
※「終日」のチェックを外すと、活動時間を入力できます。
※「場所」に詳しい住所を入れると、カレンダーから地図にリンクします。
※「説明」を入れると、それがカレンダー上のふきだしに表示されます。
※「通知」は必要ないので、「×」をクリックして削除します。
※「外部向け表示」は任意で。
※「プライバシー」はデフォルトまたは一般公開にチェックします。
 
 
 
⑥「設定」から「カレンダー設定」をクリックする。
 
 
 
⑦「カレンダー」をクリックして、「~@gmail.com」をクリックする。
 
 
 
カレンダー名を分りやすいもの(ホームページ用など)に変えて、「保存」をクリック。
 
 
 
⑨「このカレンダーを共有」をクリックする。
 
 
 
⑩「このカレンダーを一般公開する」にチェックを入れて、「保存」をクリック。
警告画面が表示されたら、「はい」をクリック。
 
 
 
 
■次に、Googleサイト側の操作をします
 
⑪Googleサイトを開いて、自分のアカウントパスワードでログインする。
ページを作成」から、「ウェブページ」を選択して、名前を付けて、「ページを作成」をクリックする。
 
 
 
⑫「挿入」から「カレンダー」をクリックする。
 
 
 
⑬「カレンダー」から、任意のカレンダー(⑧で名前をつけたもの)をクリックして、「選択」をクリックする。
 
 
 
⑭ホームページに表示するカレンダーのサイズや表示形式を決めて、「保存」をクリック。
※「」は空白にしておいたほうがよい。
※「表示オプション」は「~のタブを表示」と「ナビゲーションボタンを表示」のみで十分。
 
 
 
ページのタイトルを書き換えて、「保存」をクリック。
 
 
 
⑯完成!
カレンダーに記載されている文字をクリックすると、ふきだしが出ることを確認する。
 
 
 
 
 
※④と⑤をくりかえすことでカレンダーに予定を追加できます。予定の追加は、Googleカレンダー側から操作します。